【雑記】悔しい旅立ち

会社のことなのであまり詳しくは書くことができない。歯切れの悪いところはご容赦いただきたい。

4月に入って少しした頃、僕は入社以来8年間所属していた部署から異動することになった。長くいた部でもあるし、この一年の間にまいた種が刈り取れ出した時期だったので、残念な気持ちも多分にあった。

ただ、新しい部署は自分がやりたいと事業部に対して主張していた仕事ができる場所だったので、残念をはるかに上回る期待で胸が満ちていた。

元いた部の部長は一度は異動の話を断り、二度目の打診で僕の希望と事業部としての利益を考えて僕を出す判断をした、と聞かされた。
部長には長らくお世話になった。うまくいってる時も、結果が出ない時も僕を責めずに「好きにやれ」と言ってくれた。頭が良く、フットワークが軽く、気さくな人柄でしゃべりもうまい。僕は純粋に部長を尊敬していたし、感謝もしていた。

だから、あと少しで成果を出して恩返しができそうなこのタイミングでの異動は少し悔しくもあった。ただそれは僕の気持ちだけの問題で、きっと後任がきっちり刈り取ってくれるだろうから、信じて託すしかない。
僕がやるべきは新天地で成果をあげること。それこそが元いた部の部長に対する恩返しであると、気持ちを切り替える必要があった。

異動から二週間が経ったある日、僕は再び異動することになった。決めたのは事業部のトップであり、僕に選択の余地はなかった。そこは緊急かつ重要なプロジェクトで、何を差し置いても最優先でリソースを割り当てるべきところである。

それは理解した上で、やっぱり悔しかった。

高いモチベーションで新しい部に移っただけに、余計に堪えた。一度は届きかけたやりたかったことが今は遥か彼方へと消え去ってしまった。まるで真っ暗闇の中で彷徨い歩いているかのように、どうしていいのか分からなくなった。

(既に異動しているので)この人事は元いた部の部長に事前に知らされてはいなかった。この人事を知った時、部長が「こんなことをやらすために出したんじゃない!」と言ってくれたことが、せめてもの救いだった。

新天地で成果をあげることが恩返しになることは変わらないのだから、今一度前を向いて頑張るしかない。そして、より研鑽を積み、次に一緒に仕事をする時には今よりもっと役に立てるようになりたい。

Posted from するぷろ for iPhone.

▼この記事をシェアする


▼このブログの更新情報を受け取る
Facebookページをチェック
-AD-
  1. 【雑記】それでも今は前に進むしかない/GWチャレンジの結果発表 « Hacks for Creative Life!

    […]  【雑記】悔しい旅立ち « Hacks for Creative Life!会社のことなのであまり詳しくは書くことができない。歯切れの悪いところはご容赦いただきたい。 4月に入って少しした頃、僕は入社以来8年間所属していた部署から異動することになった。長くいた部でもあるし、 …今思っても悔しいやねぇ […]

Comments are closed.