はじめの一歩を踏み出してもらいたいから『アシタノワークショップ』を開催する意義について語ってみようと思う

NewImage

アシタノレシピというブログメディアを立ち上げてから、丸4ヶ月が経過しました。

アシタノレシピ、スタートです!
みなさんはじめまして、アシタノレシピ木曜日担当のBECK(@beck1240 )です。この度、新しいブログメディア「アシタノレシピ」を12人の仲間とスタートさせて頂く運びとなりました! …
全てはここから始まった!!

上記記事で、私はアシタノレシピの目指す方向性次の様な文章で説明しました。

私たちの生活には、仕事もあれば家庭生活もあり、働き、学び、遊び、楽しい事があれば友達と家族と笑いあい、時には苦しいこと辛いことを乗り越える必要もあります。アシタノレシピは、そんなごく普通のそれでいて二度とは戻らない大切な日常を、もっと楽しく、もっと幸せに過ごすために役立つ情報を発信することを目指しています。

僕らは果たしてこの目指す方向に向かって進むことが出来ていたか?

スタートから四ヶ月が経過した今振り返ってみても、この方向性にブレはないと強く感じています。面白いことに、アシタノレシピのメンバーは皆「アシタをタノシク」という僕らの活動を象徴するヒトコトをとても大事にしています。

「どうすればアシタノを読んでくれる人の明日が楽しくなるか?」なんてことを、Facebookグループやスカイプ定例会でまじめに語らっていたりするわけですが、その中で生まれたアイデアの一つが今回紹介する「アシタノワークショップ」です。

■アシタノワークショップを開催する意義

要するに、アシタノメンバープレゼンツなセミナー&ワークショップです。

開催日時:4月21日(土)13:30〜16:00
場所:東京の池尻大橋にある大橋会館。
参加費:2000円(+1000円で懇親会)


4月21日 第1回アシタノワークショップ(東京都)

何故ここまでブログメディアをやってきた僕達が、リアルな場でワークショップをやる必要があったのか?という疑問も湧いてくるのではないかと思います。勿論、やるからにはそれなりの狙いもあります。

一つには僕らは情報を一方的に発信するだけの情報メディアになりたくはないという想いがあります。

勿論、読み手としては、毎日良質な情報が届くことがブログメディアに期待するところであろうことは重々承知しています。僕らもメディアとしてそうありたいと思うのも確かです。

しかし、「アシタをタノシク」という僕らの原点に立ち返ってみたときに、僕らはもう一歩も二歩も前に進み出て、より直接的に、より強く、そして、より真摯に僕らができることを遣る必要があるという結論に至りました。

直接会って言葉以外の手段で伝えられることがある、直接会って話を聞くからより精度の高い明日を楽しくするための情報を伝えることができる、そして何より出会いお互いを知ることができる。文字ベースのブログではなかなかむずかしかったことを、リアルな場でやっていきたいと思った次第です。

そして、もう一つの狙いとしては、この場を明日を楽しくするための変化を起こすきっかけにして欲しいというものです。僕らは今回この狙いに対して「はじめの一歩」という名前を付けることにしました。

■はじめの一歩を踏み出して欲しい

”アシタをタノシクする はじめの一歩!”

アシタノワークショップの副題であるこのヒトコトに僕らの想いを集約させています。

今回セミナー部の講師を行うハマさん(@surf_fish)、jMatsuzaki(@jMatsuzaki)、純さん(@jun0424)の3名がどの様に明日を楽しくするためのはじめの一歩を踏み出したのかについてシェアします。

彼らのブログ記事を普段から読んでいる方であればお気づきかも知れませんが、本来であれば「タスク管理とは!」を声高らかに語り出してもおかしくないような面々です。しかしながら、今回は敢えてそういった技術ありきの話にならないようにしています

複雑なタスク管理を行うから人生がうまくいくわけではないのです。それは一つのソリューションでしかなく、本来はその前段にタスク管理を行わなければならない理由があったはずなのです。

彼らが何に課題を感じ、以下にそれを克服してきたかという経験をシェアすることが、ご参加頂いた方々にとっての”はじめの一歩”を見つけ出し、実際に一歩を踏み出す呼び水となるだろうと考えています。

■もう一つのはじめの一歩

恐らくはうちのブログやアシタノレシピをお読み頂いている方の内、リアルな場でのイベントに参加したことがないという方も多いのではないかと思います。特にxxxセミナーのセミナーという響きには、やはり「なんか怪しいんじゃないか?」とか「だまされて壺買わされるんじゃないか?」みたいな警戒心を持たれている方も少なくはないでしょう。

個人的にはこの種の警戒心は絶対に持って置いた方がいいとも思っているのですが、同時にリアルな場で生きた情報に触れ、誰かと出会うことの強力なパワーと無限の可能性についてもよく知っています。

僕が本やシゴタノの連載を書くきっかけを得たのも、東ラ研を素敵な仲間と立ち上げ多くの常連さんに支えられてこれまでやってこれたのも、そしてアシタノレシピの素敵な仲間たちと出会うことが出来たのも、全てはリアルな場へと一歩を踏み出すことから始まっています。

もしもかつての僕が一歩を踏み出す勇気を持てていなければ、僕の人生は全く違うものになっていたのだろうと思います。一点補足しておくと、僕が”はじめの一歩”を踏み出す決断をしたのはたった2年前のことでした。

手帳オフ@渋谷(1) – オフ全体レポと手帳Hacks! « Hacks for Creative Life!
さる1月17日(土)14:00、渋谷はiPRESS CAFEにて手帳オフを行いました。 手帳オフとはいいつつも、@kazumotoさんと@m0r1さんとお会いするためのただのお題目だったのですが・・ …
この手帳オフが僕にとっての”はじめの一歩”です。

アシタノワークショップに参加することが即人生を変えることになるかはわかりませんが、変えるきっかけとなる可能性は十分に秘めているのだろうと思います。このイベントが、皆様にとって”はじめの一歩”となれれば幸いです。

4月21日 第1回アシタノワークショップ(東京都) ▼この記事をシェアする


▼このブログの更新情報を受け取る
Facebookページをチェック
-AD-

Post your thoughts