実物を触ってみたら改めて「NUboard×SHOTNOTE A5サイズ」と「CANSAY×SHOTNOTE レポートパッド」に惚れ込んだ!

P1050998

先日紹介記事を書いた「NUboard×SHOTNOTE A5サイズ」と「CANSAY×SHOTNOTE×東急ハンズ レポートパッドホルダー」が届いたので、早速使用感などレポートしてみたいと思います!

5/9 11:45追記
HootSuite
HootSuite 2

5/9時点で売り切れだったのですが在庫はまだ沢山あるようです。東急ハンズストアに入荷するのを待つか、東急ハンズの実店舗に行けば買えるとのこと。あと、ペンホルダーは仮止めらしいので、後で両面テープなどできっちり止めて下さいとのこと。

NUboard×SHOTNOTE A5サイズ

まずは、B5サイズ(生産終了品)とサイズを比較してみると・・・

P1050999

当然、一回り小さい感じですが、思ったよりもサイズの差は無いなと言う感じ。

P1060007

OCRのナンバーと日付がない点が、人によっては好みが分かれるかも?僕は使ってないからいいんですけどね。後、A5サイズにはペンホルダーが付いてきます。

P1060026

ペンを装着するとこんな感じです。A5ノートの横幅にぴったりって感じですね。ただ、ペンのホールド感はゆるめなので、イレーサー側を下に向けるとペンがずり落ちます。

P1060001

ペンホルダーはこんな感じでテープ止めされています。見た瞬間に(・・ショボw)と思ったことは秘密ですが、割としっかり止まっているので、このままでも使用上問題はないと思います。両面テープでしっかり貼り付けた後、シール、マステなりで補強&デザイン改良を加えても良いでしょう。(仮止めでした、ゴメンナサイw 5/8 11:45追記/修正)

P1060002

ホワイトボードにクリアシートの組み合わせが表裏で計8面分。この辺はB5の頃から変わらず。ちなみに僕は8面全部使い事がありませんw

P1060003

こんな感じで、絵に対してオーバーレイさせられます。
自分が書いた絵に対して他の人に記入して貰うとか、はたまた時系列で育ってく様子をパラパラ漫画にするとかね。(最初と最後は無理だけど、中のホワイトボードならクリアシートが2枚使える)

P1060004
P1060005

やっぱりこのサイズ感が良いっすね。A5サイズ大好きで、ほぼ日カズンを好んで使っている身としては「NUboard×SHOTNOTE A5サイズ」はかなり魅力的な商品です。

IMG 8575

CANSAY×SHOTNOTE×東急ハンズ SHOTNOTE レポートパッドホルダー

次にレポートパッドホルダーも見てみましょう。
まず、見た目がフェイクレザーでちょっぴり高級感漂ってます。A5サイズのレポートパッドを入れるカバーなので、サイズはA5より一回り大きい感じです。

P1060008

ペンホルダーが付いてるのはこちらも同様。

P1060009

全体としては外三つ折りみたいな感じになっていて、表表紙がこんな感じで立つようになっています。

P1060010

表表紙の裏、表2っていったらいいのかな?ここにホワイトボードが格納されています。ホルダーは1つ余ってるので、別途ホワイトボードを手に入れて格納するも良し、ちぎったレポート用紙を入れておくもよしです。

P1060011

ホワイトボードはNUboardのものと同じ素材、同じデザインのものでした。

P1060013
P1060015

SHOTNOTEシリーズは表紙を裏表紙に引っかけて止めておけます

P1060016

レポートパッドとホワイトボードの両方が使えるというのは良いですね。立てかけている状態でも書き込み出来る程度に滑り止めが効いています。

P1060017P1060018

ちなみに、滑り止めは表紙に付いてたこの丸いやつ。摩擦係数高めです。

P1060020

iPadも立てかけられるんだけど、miniだとちとアンバランスに見える。よし、Air買うか(マテ

P1060019

立つ表紙は、色んな角度が作れて割と使い勝手が良いです。ただ、やはり「滑り止め」なので、ホールド感は心許ない。ブックスタンド的に、iPadにEvernoteのアイデア映しながらレポートパッドで考え事する、みたいな使い方が良いかな。

P1060021P1060022

SHOTNOTEのレポートパッドとホワイトボードを比べてみた図。材質の堅さは勿論、マス目の有無、OCR項目の有無といった見た目なんかも違うので、図を試行錯誤しながら考える時にはホワイトボード、それをアイデアメモとしてまとめるときにはレポートパッドなど使い分けをすると良さそうですね。

P1060027

■SHOTNOTEに取り込んでみよう

折角なんで、SHOTNOTEに取り込んでみましょう。

まずは取り込むモノを描き込んで・・・絵心?なにそれ美味しいの?

IMG 8570

SHOTNOTEでマーカーにあわせて撮影!

すると、傾きやら余白やらを補正して、ノートだけがいいかんじに取り込まれます。

IMG 8571
IMG 8572

一度SHOTNOTEに保存した写真はDropboxやEVERNOTE、GoogleDrive何かに送ることができます・・・が、正味一回SHOTNOTEに取り込むのめんどくさいので、勝手にEVERNOTEに保存する機能付けて下さい、キングジムさん!

IMG 8574
Untitled Evernote Premium

SHOT NOTE
カテゴリ: ユーティリティ, ビジネス
販売元: KING JIM CO.,LTD.


■最後に

愛して止まないSHOTNOTEファミリーに、この様な強力な助っ人が現れたことを心から嬉しく思います。折角なので、今度SHOTNOTEファミリーとEvernoteと絡めたアイデア発想やらアウトプットやらのフローについて詳しく書きますね!

記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
▼この記事をシェアする


▼このブログの更新情報を受け取る
Facebookページをチェック
-AD-

Post your thoughts