横浜 そごう美術館「山口晃展 付り澱エンナーレ」がとても楽しかった

新居への引っ越しに向けた家具の下見をしに横浜のそごうに立ち寄った際、MoMAの文字が遠目に見えた。近くによって見ると、そこはミュージアムショップらしく、そごう美術館なるものに併設されている店舗であることが。

催されていたのは山口晃展。最近奥さんが目をつけていた現代美術家らしく、日本画とメカな組み合わせがなんとも目を引いた。面白そうなのではいってみると、これがめちゃくちゃ良かった。

流石に展示物を写真撮影するわけにはいかないので、購入したポストカードの写真でご確認頂きたい。

IMG_5961 IMG_5962

日本画で描かれた武者姿の所々がむっちゃサイバー。日本画で描かれた東京の街が所々現代で、所々が江戸時代。歴史と科学が融合して、過去と現在と未来が混沌として描かれている様に、自分の発想がいかに貧弱かを思い知らされた。

この人の頭の中は一体どうなってるんだ?

そんな疑問で頭が一杯になった。絵はとてつもなく精緻で、ぶっ飛んでいる。真面目にすごくて、とことんふざけてる。空想を膨らませた少年が好きな絵を描き続けてるうちに芸術家になっちゃったみたいな感じ。

もう、今回の展示で完全に山口晃氏のファンになってしまった。
ご興味を持たれた方は、是非一度そごう横浜のそごう美術館に足を運んでみてほしい。

記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
▼この記事をシェアする


▼このブログの更新情報を受け取る
Facebookページをチェック
-AD-

Post your thoughts