ブログ以外にも色々アウトプットやってます!

「信長の野望 新生」を約4ヶ月で550時間プレイしてしまった自分を褒める理由と今はアウトプットに時間を振り向けられている話

記録を遡ると7月21日に「信長の野望 新生」が手元に届いているので、本記事を執筆している11月23日時点で約4ヶ月が経過した計算となる。なんせ「信長の野望 新生」をやるためだけにWindowsのミニPCを購入しているので、ここに時間を割くことはむしろ本望なのだが・・・

たった4ヶ月で550時間!!!

流石に引いたよ。ドン引きだよ。Age of EmpireⅣも結構遊んで61時間。信長の野望と併せると半年で610時間もゲームやってるらしい。6ヶ月平均101時間、4ヶ月平均135時間。

まぁ、信長の野望はゲームの画面開きっぱなしでスリープ解除されてた時間も含まれてるだろうから、多分この4ヶ月の平均は100時間を超えてるのは間違いない。ってことで・・・

ナイス気晴らし!

7月から9月にかけての3ヶ月はストレスが激やばで、久しぶりに「もう駄目かも知れない」というところまでメンタルもやられてたんだけど、その間の気晴らしというかストレス発散としてゲームをやる時間が上手く機能してくれたわけで、これをナイス気晴らしと言わずになんと言おう。

信長の野望 新生」に没頭できた時間は、あの辛い時期を乗り越えるのに必要不可欠なものであったと思うし、550時間という気晴らしの時間を持てたことに感謝こそすれ後悔など微塵もありません。

ベキネバという自縄自縛から抜け出せ!

確かに、この時間をアウトプットに振り向けていれば、ブログを1日1記事書くぐらいはできるかもしれないが、あの精神状態でアウトプットをやることはかなり困難であったと思う。というか、無理。

うつ病になる前の自己啓発中毒者であった僕なら「なんでこんな第四領域に時間を使ってしまったんだ、この馬鹿野郎」と自分を罵っていたと思うが、今の僕は逆に「お、しっかり遊べてるやん、ナイス気晴らし」と褒めてあげられる。

気晴らしという言葉のやっかいなところはムダに見えることで、ゲームをやっている時間は、自分が好きなことを楽しむ時間でもあるし、仕事に向かいがちな意識を別の事に向ける機会にもなり、ストレスフルな仕事の気晴らしにもなる。これをムダと割り切ってしまうマインドを持ってしまったことで、僕はずいぶん休みベタになってしまった。

何でもかんでも「○○すべき」と自分を律しようとして、理想の自分とかけ離れている実態に「なんて自分は駄目なヤツだ」と自己嫌悪に陥いっていたわけだけど、「べきねば」で自縄自縛して辛くなってしまうというのはなんとも皮肉なモノだと思う。

楽しむこと、没頭できること、休むことに時間を振り向け、ストレスにしっかり対処することに気を遣うことは、ストレスフルな現代社会を生きる上ではこの上なく重要なスキルだと言える。

まぁ、とはいえ月100時間はちとやり過ぎなので・・今後は気晴らしは程々にしつつも、そういう気晴らしができている自分に「ナイス!」と言ってやれる程度の余裕をもって生きていくことは心がけたい。

今はアウトプットに時間を振り向けられている

10月の中頃から徐々にメンタルの状態が改善されてきて、今はゲームをやる時間が減少し、アウトプットに時間を振り向けられている。ゲームに飽きてきたというのもあるかもしれない。

大事な事は自分の「やりたい」という欲求だと思っている。仕事のプレッシャーに押しつぶされそうになり、気分がひどく落ち込み、将来にまったく活路を見いだせなかった7月〜9月は、ブログを書きたいとか、YouTube動画を更新したいといった欲求が全く湧いてこなかった。唯一Newsletterだけがある種の「書く瞑想」として機能し、続ける事ができた。

何も無理にゲームの時間を減らして、アウトプットの時間を増やしたわけではない。ただ僕は、じっと待っていた。メンタルの回復を、アウトプットをやろうという欲求の復活を。

今はただ、無事に「再始動の時」を迎えることが出来たことに安堵している。

再び「アウトプットしたい」という欲求がムクムクと湧いてきて、欲求に突き動かされるがままにキーボードを叩けている事にこの上ない歓びを感じている。

さいごに

ということで、今回は

  • ゲームを月100時間もやっちまった!!
  • 確かにやり過ぎだけど、後悔はしていない
  • ゲームなどの気晴らしは時間の無駄で、その時間に○○すべきという自縄自縛で自分を苦しめていた
  • 楽しむこと、没頭できること、休むことに時間を振り向け、ストレスにしっかり対処することに気を遣うことは、ストレスフルな現代社会を生きる上ではこの上なく重要なスキル
  • なので今はしっかり気晴らしできた自分を褒めてやれる
  • 仕事がしんどい時期にアウトプットしたい欲が減退している中で、気晴らしの代わりに無理にアウトプットをやるのは無理
  • そういう時はメンタルの回復やアウトプット欲の復活を待つしか無い
  • 今は再びアウトプット欲を取り戻し、突き動かされるようにキーボードを叩いていることがこの上なく嬉しい

というお話でした。

信長の野望 新生」を約550時間プレーしてきた中で、ベタな信長での全国統一、豊臣秀頼が全国統一するifストーリー、足利義輝による足利幕府復活劇、鈴木家や真田家によるジャイアントキリングからの全国統一等々かなり満喫することができました。ご興味ある方は是非プレーしてみて下さい


Also published on Medium.