ノートカバー+スマートリングでもっとSHOTNOTEと仲良くなろう!

IMG 5981

メモ帳サイズのSHOTNOTEには非常にお世話になっているのだけど、このA5版のレポートパッド的なLサイズさんは買ったはいいもののどう使って良い物やらと悩んでいた。

個人的に「文字情報を残すのは罫線」「アイデアを書き出すのは方眼」というポリシーがあるため、ノートとレポートパッドの両方を持ち歩けば良いのだけど、それはそれでめんどくさい。ノートだけでええんちゃうの、とついつい日和ってしまう。

SHOTONOTEのA5サイズのリフィルに方眼があれば、1つのバインダーにノート用の罫線とアイデア用の方眼の2つのリフィルを差し込むのになぁ・・なんてことを考えていた矢先、SHOTNOTEの販売元のキングジムが凄いツールをぶっ込んできた。

IMG 5983

「ビジネスツールを一元管理」「仕事がはかどる!!ノートカバー」そのうたい文句に目が釘付けになった。レポートパッド的なSHOTNOTEがぴったり収まりそうなA5のノートカバー。しかも、ノートとレポートパッドの2つを収容することができるという。

そう、夢にまでみたSHOTNOTEのノートタイプ(罫線)とレポートパッド(方眼)を両方持ち歩くことが出来るようになるという、将に夢のようなアイテムなのだ。

IMG 5984

SHOTNOTEのLサイズがまるで自分専用のノートカバーかのごとくピタッと綺麗に収まる。

左手にはSHOTNOTEではない普通の綴じノートが収容されているが、これはA5版のSHOTNOTEのリングノートが「切り離してA5サイズ」という少し大きめのサイズで収容できなかったため。

IMG 5985

薄手の綴じノートとの組み合わせであればまぁこんな感じで収まりがいいんだけど、SHOTNOTEのノートタイプ(罫線)とレポートパッド(方眼)を両方持ち歩くという夢が捨てきれない僕は一計を案じた。

IMG 6031

こうなれば、KOKUYOのスマートリングにご登場願うしかない、と。

SHOTNOTEのA5サイズルーズリーフであれば、切り離せない代わりに規格通りのA5版。これをKOKUYOのスマートリングバインダーで挟んでやれば、ほぼA5サイズのリングノートになる寸法です。

IMG 6032

ギリッギリですが、カバーにも収容。少し浮いてるのはレポートパッドを使っているうちになじみそう。

IMG 6033

ちょっとぼけてるけど、リングが僅かなスペースにジャストフィット。これより大きいリングはちょっと使えなさそう。

IMG 6034

ということで、今回無事(無理矢理?)SHOTNOTEのノートタイプ(罫線)とレポートパッド(方眼)を両方持ち歩くという夢を実現することができた。

ということで、同じような(ニッチな)夢をお持ちの皆様は是非、キングジムのノートカバーとKOKUYOのスマートリングでSHOTNOTEと仲良くなりましょう!

参考リンク

▼この記事をシェアする


▼このブログの更新情報を受け取る
Facebookページをチェック
-AD-

Post your thoughts