ブログ以外にも色々アウトプットやってます!

今更ですがiPhone14ProMaxに乗り換えたので購入理由や気に入ってるポイント、今後の買い換え方針について

熾烈な争奪戦を勝ち抜いて発売日にゲットしておりました「iPhone14 Pro Max 1TB ディープパープル」。仕事の忙しさにかまけてブログやYoutubeでネタにすることもなく時間だけが過ぎていってしまうというブロガーにあるまじき所業をぶっかましてしまいました。

これまで使っていたのがiPhone12 Pro Maxだったので、iPhone14 Pro Maxに乗り換えるのは既定路線でしたが、Appleのイベントを見た瞬間に「これはもう、1TBのPro Max買うしかない」と思ったので、今回は僕がiPhone14 Pro Maxのどのへんに魅力を感じたのかを語ってみたいと思います。

最大の購入理由はカメラ、そして最新プロセッサ

12ProMax⇒14ProMaxの大きな違いは勿論カメラ。圧倒的なカメラ力。

12MPが48MPになったということで、画素数だけで言うとニコンフラグシップ機のZ9並の画素数です。まぁ、Galaxyや中華ブランドは以前から48MPやら億超えやらがいるので、今更感がないと言えば嘘になりますが。

ただ、このセンサーサイズで48MPとか、ぶっちゃけ暗所性能やべーだろってって感じなんですが・・何故か暗い場面で激強です。まじでカメラの常識をぶっ壊してくるのがAppleのコンピューテショナルフォトグラフ。とんでもないです。

ProRawで撮ってみた写真はどいつもこいつも高精細、夜なのにバッキバキに明るくてノイズもないと来ている。流石にメインの広角レンズ以外の暗所性能はそれ程でもないのですが、メインの広角レンズは写真も動画もヤバい。

明るいところも素晴らしいのですが、ディティールもしっかり出てるし、明るさ調整も抜群にイケてるわけです。しかも、RAWなので後で現像し放題。

今までProRawで撮るのって現像の時の情報量が多いからって理由だけだったのであんまり使わなかった(iPhoneにそこまでの写真を求めてなかった)のだけど、14 Proに関しては「荷物減らしたいときに一眼を諦められるレベル」。

お値段は高級コンデジ1台分ぐらい上乗せされたみたいな値段ですが、明るい超広角、広角、望遠ズームを全て兼ね備えている上にくそ賢いコンピューテショナルフォトグラフで仕上げてくるiPhone14Proシリーズって高級コンデジ買うより価値があるような。

そりゃ、レンズ径、センサーサイズは流石に負けるけど、コンデジはレンズ1つしかないので、明るい単焦点か明るさを諦めた便利ズームのどちらかを選ぶ必要があるので。後、4K60fps HDRで動画撮れるコンデジなんてないし。

あと、Cinematic Modeが4Kに対応して、Action Modeが追加されたのも大きいですね。アクションカムが手元にないときでも、手ぶれを気にせずに撮影ができるので、撮れる映像の幅が増えそうです。(マウントと重量の問題でiPhoneをアクションカム代わりに使うことはないですが😅)

ちなみに、みんなiPhoneのカメラが良いという表現をしますが、本当の凄いところはカメラの様々な機能や美しい仕上がりを実現するプロセッサの方。A16 bionicがスゲーから、あのセンササイズ/画素数でこの画質が成立しているわけです。

マジで手ぶれさせず、明るさの破綻もなく、色味も良い感じの4K60fpsを美しいHDR動画で、素人でも簡単に撮らせるコンピューテショナルフォトグラフのテクノロジーとそれを支えるA16bionicがイカれてます

ミラーレス一眼で同じような動画撮ろうとして貰えればどれぐらいやべーテクノロジーか分かりますw

背景のボケや解像感から言ってZ9をメイン、Zfcがサブカメラというのは揺るがないのですが、ミラーレスを持ち出せない時や、サクッと出先でVlogを撮りたい時、車載カメラ、暗所での撮影、家でも俯瞰撮影や別アングルからのショットを撮る用途でiPhone14 Pro Maxは大いに活躍してくれそうです。

使っていて良かったと感じるところ

カメラの話ばかりになってしまったので、他にも良かったところを幾つか挙げておくと

  • 全体的に性能が上がったおかげで快適(当たり前)
  • 明るいところでも画面が見やすい(最大3000ニトは伊達じゃない)
  • 常時表示ディスプレイのおかげで、充電中に置き時計的に使えて便利
  • Dinamic Islandから音楽再生画面やZoomの画面に戻れて便利
  • Insta360のハブにも使うので容量が1TBになったのは良かった

最初、動画は全部ProResで撮ろうかとも思ったのだけど、M1 Macの性能が高くて編集困らないから結局HEVCで撮影してることを除けば、概ね期待通りだし、とても快適に使えているし、動画/写真を重視する層にとっては非常に良いんじゃないかと思います。

写真から文字認識できるとか、背景切り抜けるとか、連携カメラとしてワイヤレスで外部カメラとして使えるとか色々良い点はあるのだけど、これらは14じゃなくてもiOS16で出来るのでここでは割愛します。

今後の買い換え方針

今回からiPhoneの購入は楽天モバイルの楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラムを用いる事にしました。楽天カードで48回払いを選択して24回以上支払って機種変更をすると25回目以降の支払いが不要というやつです。

これまでの経験から、2年使った後にリセールバリューが50%以上残ることはなかったので、必ず50%での引き取りが保証されるというのであればそれに越したことはないし、仮に二年以上使いたくなった場合や、それよりもリセールバリューが高い中古買い取りがあれば支払いを継続する(本プログラムを利用しない)ことも可能です。

ちなみにですが、楽天モバイルの公式ページではあるのですが、楽天モバイルの契約者でなくても端末の購入は可能です。4キャリア中最安ですし、楽天モバイル回線の契約はなくとも、楽天カードの契約さえあれば「楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム」が利用できるのでご興味ある方は是非。

さいごに

ということで、今回はざっくり

みたいなお話でした。参考になったなら是幸い。

おまけ:楽天市場でもiPhoneの販売はやっていて、こちらは分割払が出来ない代わりにポイントが付与されるので、楽天経済圏民であればこちらでの購入もお得です。

楽天モバイルiPhoneアップグレードプログラム


Also published on Medium.