iPhone6 Plusの美しさを堪能するためケースは「CAZE Zero 5 Tough」を採用!ガラスフィルムは「Redhill」!

IMG 2959

先日docomo乗換と同時にiPhone6 Plusに遅ればせながら乗り換えた訳ですが、

家族丸ごとsoftbankからdocomoに乗り換える決断をしたときの検討内容 | Hacks for Creative Life! - ライフハックで明日をちょっぴりクリエイティブに -
家族丸ごとsoftbankからdocomoに乗り換える決断をしたときの検討内容 | Hacks for Creative Life! – ライフハックで明日をちょっぴりクリエイティブに –
家族丸ごとsoftbankからdocomoに乗り換える決断をしたときの検討内容 | Hacks for Creative Life! - ライフハックで明日をちょっぴりクリエイティブに -

やっとこガラスフィルムとケースを装着することができました。

何よりも薄さ重視!ということで、色々検討した結果、今回チョイスしたのは次の2点と相成りました。

  • Redhill 強化ガラスフィルム
  • Caze Zero 5 Tough

0.5mmのクリアケースと、0.15mmの9H強化ガラスフィルムの組み合わせ。ということで、も少し詳しく見ていきましょう。

■ガラスフィルム「Redhill 強化ガラスフィルム」

最近はただのフィルムじゃなく、ガラスフィルムが流行だということでこの手の中で一番薄いっぽい、0.15mmで、強度9Hの製品を探しました。正直他との違いはよく分かりません。

IMG 2935

ガラスケースだから、結構厳重に梱包されてるんですね。

IMG 2937

内容物は、ガラス、埃取り用のシール、アルコールペーパー、マイクロファイバー。まぁ、最近はきっとどの製品もこんな感じなんでしょうが、Amazonだとこれが980円(2015/4/9時点)だと思うと、なんか得した気分。

IMG 2940 IMG 2941

アルコールペーパーで汚れを取って、マイクロファイバーでさっと吹き上げて、シールを使って細かな埃を取る手順は、今までのフィルムとそれ程変わらず。

IMG 2942

ガラスフィルムはボタンに併せてゆっくりと貼り付ける。

最初、多少なりとも気泡が入ってしまうのだけど、マイクロファイバーごしに気泡をガラスの真ん中から外へ指で押しだしてやれば、完全に気泡を取り除くことができます。フィルムだとこんなに上手く押し出せないので、その辺りがガラスフィルム人気の所以なのかも。

IMG 2944

それにしても、薄い。
遠目に見ると、張ってることに気づかないぐらい。

Caze Zero 5 Tough

ケースはCazeの0.5mmクリアケースをチョイス。0.3mmのPFUにしようか悩んだけど、曲がるのが怖いiPhoneをしなやかなPFUにいれるのはちょっとなぁ・・と思い、ハードのクリアケースに。

IMG 2948

梱包はちょっと・・・かなり・・安っぽいw

IMG 2950

クリアケース自身は、可も無く不可も無く。ただ、0.5mmは思った以上に薄くて軽い。

IMG 2951

かぽっとはめれば装着完了。クリアケースだからってのもあるけど、このアングルの写真だと、着いてんだか着いてないんだかわからないぐらい薄い。

もちろん、ケース自体もピッタリサイズでガタツキも浮きもない。

IMG 2952

ボタン類は高さが丁度合ってるのと、切り口がストンと落ちず、滑らかにラウンドしていて触り心地が良い。

それと、このケース自体グリップ感が出るように加工してあるらしく、普通のプラスチックケースみたいにツルツル滑らない。iPhone自信がアルミという材質的に滑りやすかったので、このグリップ感は嬉しい誤算。

IMG 2953

買ったばっかりなので、もう少しAppleの本来のデザインを楽しみたいのです。

IMG 2954

勿論、Lightningとイヤホンのジャック、スピーカーの穴も空いております。

IMG 2958

カメラも高さが丁度ぴったりなのでがたつきとかは全くないんだけど、高さがピッタリと言うことは、カメラへの防御力は皆無ということなので、その辺は薄さとのトレードオフと割り切るしかない。

IMG 2956

ストラップホールもついているので、その内ストラップ着けようかなーっと考え中。

IMG 2949 IMG 2960

おまけでカード型の簡易スタンドが付いてきます。

IMG 2961 IMG 2964

横置きも縦置きも自由自在・・縦置きはちょっと安定感ないけど。あと、ホールド感は皆無なので、スタンドに置いた状態で操作はしないほうが懸命ですな。

■最後に

IMG 2955

兎に角今回は薄さを追求して、0.5mmのクリアケース「CAZE Zero 5 Tough」と0.15mmのガラスフィルム「Redhill」をチョイスしました。

持った感触は思ってた以上に「着けてることを感じさせない」ぐらい薄くて軽い。ただでさえデカイiPhone6 Plusなので、ケースで一回り大きくなるのは避けたかったことを考えれば、この選択は正解だったかなと。

そして、嬉しい誤算がグリップ感。皮やPFUと比べて滑るんだろうなぁって思っていたら、存外そんなこともなく、良い具合に手に吸い付いてくれる。はじめて持ったとき、ちょっと感動したぐらい。

ということで、(飽きるまで)しばらくはこの組み合わせで運用してみたいと思いまする。

記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
▼この記事をシェアする


▼このブログの更新情報を受け取る
Facebookページをチェック
-AD-

Post your thoughts