febeのオーディオブックを聴くなら”iTunes&iPod”と”Kiku Player”のどちらが良いか?

普段から愛用しているオーディオブック配信サイトのFebe
過去の記事を探ってみると、2008年の6月頃から使っていたらしい。 

 

耳勉強の教材について « Hacks for Creative Life!
「耳で聞くビジネス書」を書いてから暫く立つが、今では結構オーディオブックやPodcastingなんかを聞くのが日常的になっている。英語なんかについても「英語学習にスピーチ集を使いたいの巻」や「英語勉強 …
古い記事ですが・・
Hacks for Creative Life!: 耳で聞くビジネス書
日本ではあまりなじみのない「オーディオブック」 amazonや楽天books、もちろんiTunes Storeでも手に入れることができます。 ただ、あまり日本のビジネス書はそれほど多くでていないようで …
前のブログの記事です

たしか2008年頃の春先に勝間和代さんの著書「効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法」を読んでオーディオブックに興味を持って聴き始めたのだけど、足がけ4年で30冊以上のオーディオブックを聴いてきた。

この度、febe公式のiPhoneアプリ「Kiku Player」がリリースされたので、これまでのiTunes&iPhone(iPod)で聴く場合とどう違うのかを探ってみたい。

  KikuPlayer 1.0(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ミュージック
販売元: OTOBANK Inc. – OTOBANK Inc.(サイズ: 0.6 MB)

 

■iTunesに取り込んでiPhone/iPodで聴く

まずはFebeで購入したオーディオブックをPCに取り込む場合からみていきましょう。

購入したオーディオブックは「本棚」からいつでもダウンロードができます。

 Skitch

倍速再生版で聴くよりも通常再生版をiPhoneの倍速モードで再生した方が音質が良いため、ダウンロードするのは「通常再生版」がオススメ。 

99 の人がしていない たった1 の仕事のコツダウンロードページ  FeBe フィービー 1

ダウンロードする音源は全体版と分割版がありますが、途中の章から聞き直しやすい分割版の方が何かと便利です。 ただ、分割版の場合、聞き流しているとどのファイルを再生していたか分からなくなってしまう恐れがあるので御注意を!

ダウンロードコンテンツ一覧  FeBe フィービー

 ダウンロードしたファイルはドラッグ&ドロップでiTunesにインポート。

Fullscreen

プレイリストから取り込んだファイルを全選択して「情報を見る」を選択し、 

ITunes

オプションで以下の様に項目を設定する

メディアの種類「オーディオブック」
再生位置を記憶「はい」
シャッフル時にスキップ「はい」

に設定する。メディアの種類 をオーディオブックに設定すると、iPhone(iPod)上で倍速モードや1/2モードで音声を再生出来たり、30秒送りができるようになる。再生位置を記憶は移動時間などの細切れ時間にオーディオブックを聴く人であればマストの機能。iPhone(iPod)に入っている全曲をシャッフル再生する人はシャッフル時にスキップも設定しておいた方が良いだろう。

複数項目の情報

で、これをiPhone(iPod)上で再生すると次の様になる。

IMG_4335

iPodの場合、倍速再生でもかなり聞きやすい。単純に再生速度を倍にしているわけではなく、音声が聞きやすい形で再生速度が早められているようだ。

また、iPodはランニング系のアプリなど他のアプリから再生を操作できるため、ランニング中にオーディオブックを聴いてながら運動と読書(?)をながらで行う事も可能となる。

■Kiku Playerの場合

Kiku Playerはfebeで購入済みの音源を直接アプリにダウンロードできる。

ダウンロード画面を表示すると過去購入したオーディオブックの一覧が表示されるので、そこから聴きたいオーディオブックをダウンロードする。この時添付資料も同時に落としておくことをオススメしたい。

IMG_4336IMG_4337

ダウンロードが完了すると、本棚にオーディオブックが追加され、ここから選択されたオーディオブックが再生される。

再生画面で目を引くのが「倍速」と「リピート再生」「付箋」。次いで±5sec、±30secの移動ボタンがあるのもgood。

僕はオーディオブックを2倍速で聴くので倍速機能は必須。また、繰り返し聞きたい場所を選択してリピートができるのは、オーディオブック中で何度も聞き込みたいところや、英語系教材で覚えたいところがあるときには有用だろう。付箋はかなりGoodで、オーディオブックにドッグイヤーが残せるので、お気に入りのフレーズを付箋で残しておけばいつでもスピーディーに聴くことができる。

IMG_4338IMG_4339

そして、何より素晴らしいのは、今聴いているオーディオブックの配付資料を即座に呼び出せるところだ。

iPhoneではオーディオブックを再生した後、GoodPlayerなどから配付資料を見る必要があり、僕はその手間が面倒でいつも配付資料を見ていなかった。この手間が大幅に軽減されるのは個人的にはすごくWelcome。

欲を言えば、再生画面で再生時間に応じて自動で配付資料が表示されるようになれば最高。

IMG_4340IMG_4341

と、良いところばかり挙げてきたけど、二つ三つ難点を挙げておくと

  • 倍速再生時の音が悪い
  • 本棚で本を選択するとフリーズするバグがある
  • 分割版のダウンロードがめんどくさい

といったあたりだろうか。特に倍速再生時の音声は単純に速度を倍にしたという趣で、iPodでの倍速再生に比べると雲泥の差である。音声再生のプログラミングにどの程度の自由度が与えられているか分からないが、フリーズするバグの改修も含めて今後の改善に期待したい。

また、ドラッグ&ドロップでまとめて取り込めるPC操作と違って、一つ一つ分割された音声ファイルを選択するのが面倒くさい点も今後の改善に期待したいポイント。折角アプリなんだし、付箋を打てる作りにしているのだから、一発で音声も資料も全てダウンロードされて、アプリ内の目次から再生する章、節を指定できるようにしてくれればいいのに、と思う。もっと言えば、ダウンロードしてから再生するというのもかなり面倒で、指定した物を自動同期するか、ストリーミング再生しながらバックグラウンドでダウンロードするなどユーザを待たせない仕組みを盛り込めれば更に良い。こちらも今後の改善に期待したい。

■結論

リピート範囲指定、付箋、資料の表示などKiku Playerの有用性はかなり高いことは間違いないが、分割版ダウンロードの面倒くささや倍速音声の音質が悪いというマイナス面も大きいため、iPhone(iPod)での再生から乗り換えられずにいる。

繰り返しになるが、今後の改善に期待したい。

 

おまけ

最近買った滝本先生の名著なオーディオブック

僕は君たちに武器を配りたい

武器としての決断思考

ちょっと前に7つの習慣の復習用に買ったオーディオブックセット

NewImage

今後に期待のKiku Player

  KikuPlayer 1.0(無料)App
カテゴリ: 仕事効率化, ミュージック
販売元: OTOBANK Inc. – OTOBANK Inc.(サイズ: 0.6 MB)

オーディオブックを知るきっかけになった一冊

Febeオススメですので是非ご利用下さい。

FeBe ▼この記事をシェアする


▼このブログの更新情報を受け取る
Facebookページをチェック
-AD-

Post your thoughts