【雑記】家族のありがたみに気づくことができたごくありふれた週末

IMG 7415

Twitterやfacebookで繋がっている皆様には「ベック大丈夫か?」とご心配をお掛けして申し訳ありません。

実際は割と大丈夫ではない期間もあったわけですが、とりあえず今の所は自分の気持ちの立て直しができたかなーという状況です。(状況は変わらず、それを受け取る自分が変わった)

ブログも全然書けてないんですが、それ以前に心身共にズタボロになってしまっていたので・・もう少しで立て直せると思うので、頑張ります。

■ごくありふれた大切な週末

それにしても、この週末は、家族がいて本当に良かったなぁって、つくづく思いました。

(半ば無理矢理仕事を終わらせて)家族で伊東に旅行に出かけ、温泉でリラックス&遠出で気分転換してきたんですが、これが予想以上に”仕事のことで頭が一杯になっている状態”の改善に効果があったんです。

IMG 2585

旅行中、基本ずっと車運転してたんですが、10年ぐらい前に、月に2回ぐらいのペースで大阪に帰ってた頃と、えらく高速道路の様子も変わりましたし、自然一杯の峠道を走るのも久しぶりでした。

僕にとって、仕事上の悩みはすごく大きな事で、ともすれば”世界の終わり”を迎えたかのような気分になっていたんですが、でも世の中の多くの人にとってはどうでもよいことで、10年も経てばきっと全部”良い経験”ってことになってんやろうなって。

以前は車をいやがった子供も、今では逆に車が大好きですし、旅行の間もめっちゃはしゃぎ回ってて、最後はヘトヘトになって電池が切れたように寝て。

追い詰められて一杯一杯になった時でも、子供の笑顔にはめっちゃ癒やされますし、家族でいるときには思い詰めるいとまもなく日常という時間が流れてくれますしね。

家族と過ごすごくありふれた、それでいてかけがえのない大切な週末。もしも、家族がおらずこの時間が無かったら・・と思うと本当に空寒いです。

■仕事との距離感

ちょうど天城越えをしているころ、子供と奥さんが後部座席で眠ってしまって、1人で悶々と考えながら運転をしてたのですが、ふと「仕事との距離感が大事」みたいな考えが振ってきました。

そりゃ、仕事に責任を持つのは大事やけど、責任感を感じすぎて精神的に参るってのは本末転倒で、それって変に執着しすぎってことなんやろうなって。

悔しかったり、悲しかったり、逆に嬉しかったり。そうやって自分の感情が乗せられる仕事と出会えたことって、実は凄く幸せなことなハズなのに、その仕事に肩入れしすぎて破滅してしまうとか凄く悲しいですよね。

■最後に:家族がいるから頑張れる。今はそれでいい。

辛くても、しんどくても、家族がいるから「頑張らな」って思えるんですよね。むしろ、子供という存在に「生かされている」とすら感じる事があります。

守るべき家族がいて、守るべき生活があって。結婚する前は、どこかそれを「責任が発生する」といって「制約」の様に考えていた節があったのですが、全然違ったなぁと。

守るべきものがあるから、僕は強くなれるし、頑張れる。限界をも超えていける。そして、それは同時に僕にとっての最大の癒やしであり、生きる意味でもあるわけです。

そんな家族のありがたみに気づくことが出来たってだけでも、とりあえず今回の経験にも意味があったんだろうなと思います。またここから、頑張っていこうと思います。

■お知らせ

来週末2/19(日)に大阪でスタオバ氏とセミナーやります。

ご興味があれば是非!

記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

Also published on Medium.

▼この記事をシェアする


▼このブログの更新情報を受け取る
Facebookページをチェック
-AD-

Post your thoughts