8年前の僕へ、8年後の僕へ

最近時間を見つけては走るようにしています。東京マラソンまではまだ時間がありますが、減量と筋力アップと体力アップは一夜にしてならず、です。というか、まだ当落も分からないのにこの気合いの入れよう、どうした、俺。

で、そのランニング中に聴いているのが「PowerSong!」というプレイリストなのですが、基本的に自分のテンションが上がる曲が入っています。何が入っているかは今度ゆっくり書くとして・・・その中の一曲「手紙〜未来」というケツメイシの曲を聴きながら走っているとふと8年前のことを思い出してしまいました。今回は超個人的なことで申し訳ありませんが、ランニング中に思ったことなどを書き残しておきたいと思います。

手紙〜未来の歌詞はこちらケツメイシ/手紙〜未来

■8年前の僕へ

8年前の僕はちょうど20歳になるちょっと手前でした。実はこの年の春先に高校時代から2年半つきあっていた彼女に振られてやけっぱちで茶髪坊主な時期・・・いや、厳密には頑張って痩せて、かっこよくなって、彼女が歌ってと言ったケツメイシが歌えるようになったらもしかしたら元にもどれるかも・・・なんて、あり得ないことを考えて、ひたすら自分を変えることに専念していた時期がありました。(お恥ずかしい。。)

結婚した今でも、この時のことを考えると胸が痛くなります。はじめての恋愛、そして大失恋。怠惰で配慮に欠け、彼女を悲しませ、そして最後に自分の元から去らせた自分が許せなくて、そして、何かをやらないと何かを変えないと自分の気持ちが折れてしまいそうで、ただひたすら自分の体をいじめ抜いていました。

2002_0831_034105AA.JPG   2002_1227_151323AA.JPG

写真/20歳頃の俺若すぎるw

そして、これまで全く聴いたこともなかったヒップホップを聴きまくって、歌ったこともないケツメイシの曲を練習して・・・何度も「トモダチ」や「手紙〜未来」といった曲を聴いては歌ってを繰り返していました。まぁ、当然のことながら、これらの曲を彼女に聴いて貰う機会は2度とは訪れませんでしたが(^^;

そして、時の流れと共に彼女との思い出が少しずつ遠くかすみ出し、失恋の痛みを忘れだした頃、自分にとって「手紙〜未来」という曲は別の意味を持ち出しました。素直にこの曲を聴きながら、未来の自分はどんなかなって想いを馳せたり、未来の自分のために今頑張ろうって思えるようになっていました。

昨晩、ランニングしながら、「今の僕は8年前の自分に誇れる存在になったかな」と考えてみました。思い描いていた未来図とはすこしちがうのですが、それでも今の僕は胸をはってあのがむしゃらだった8年前の自分に「この8年間頑張ったし、今も頑張っとるぞ!」と答えてやれるだけの日々を重ねられているんじゃないかと思っています。(もうちょっと痩せなきゃだけどw)

■8年後の僕へ

そして、今度は未来(8年後)の自分を想像してみると、実際の所、本当にどうなっているのか分からない。この1年だけでも相当な変化があったし、今現在進行形で変わっていってるし、社会人になってから5年半で自分が出来るようになったことってほんまにいっぱいあったし・・・ってかんじですね。

でも、こうなってて欲しいという想いはあります。仕事ももっとバリバリ活躍できるようになりたいし、自分がこうやってBLOGを書いていること、別の箇所でBLOGや連載記事を書いていること、東京ライフハック研究会をやってること、そして表だっては言えないとあるタスクを抱えてヒーヒー言ってることがこともなげにこなせるようになりたい。そして、家族との時間を大切に8年後も幸せに奥さんと笑いあっていたいし、子供も欲しい。何より人としてもっと成熟したい。

たいたいづくしで恐縮ですが、要するに、8年後の自分が走り続けてくれていて、家族や友人との時間も大切にしてくれていて、変わらず幸せな毎日を送ってくれていればそれでOKってことです。

やりたいことはいっぱいあるんだけど、この超長距離の道のりを走り抜けるためには、焦らずペースを維持し続け、ひとつひとつ達成していきたいと思います。幸いにして憧れの先輩とも言える人がリアルにもネットにもいるので、その人たちの背中を見ながら日々研鑽していきたいですね。

■夢

最後に夢について書いておきます。ちょっと青臭い内容でお恥ずかしいですが・・。

今タスク量的にちょっとしんどい状況です。いや、厳密には今の自分の能力だと100%を出し切っても辛いんじゃないかと思う内容に「挑戦」しています。正直、何度も心が折れそうになっています。その時に思い出すのが「夢」というキーワード。28にもなろうかという大人が「夢」を語るなんてと思われるかも知れませんが、これは確実に強力な力を僕に与えてくれます。

今回8年前の自分を思い出したときにも、この「夢」を強く再認識しました。8年前の自分が漫然と思い描いていた「夢」。手を伸ばせば届くところまでその「夢」が来ている。なのに負けられるかい!!って。

体力的、精神的に消耗しきったとしても、不思議と「辛い、逃げたい」と思うことは今のところ有りません。まだ走れる、まだやれることはいっぱいある。そう信じて、今はゴールが見えなくても、着実に一歩一歩前に進んでいます。

そんでちょっと辛くなったときには、さっきのケツメイシの「手紙〜未来」やコブクロの「轍」を聴いて元気をチャージしています。「PowerSong!」プレイリストはランニングの時だけでなく、自分が辛くなったとき、元気が欲しいときにも活躍してくれています。

コブクロ「轍」の歌詞

さて、そんなわけで、もういっちょ頑張りますか!

まだまだ夢の道半ば。今はただ前に進むときですので。
近い将来このブログでも笑って「やったりました!」と報告します。


“ケツノポリス2” (ケツメイシ)


“ALL SINGLES BEST (通常盤)” (コブクロ)

▼この記事をシェアする


▼このブログの更新情報を受け取る
Facebookページをチェック
-AD-

Post your thoughts