Moleskinに憧れた僕はedc re-Collection Pocketに落ち着いた(ユビキタスキャプチャノート)

いつも愛読しているさんてんり~ださんの記事
MOLESKINEのライヴァル達(27) edc re-Collection Pocket & Cover(1)
で紹介されている下記のノートを少し前からユビキタスキャプチャ用に使用している
発売元:etranger di costarica社
商品名:EDC Pocket NoteBook Section(re-Collectionシリーズ)
サイズ:ポケットサイズ
タイプ:0.5mm方眼(茶色)
ページ:208P
価格:315円

さんてんり~だ様曰く
「国産の『Moleskineのど本命ライヴァル』が8月25日に発売される!」という情報をキャッチしてから気になっていたこの子。先日ようやく入手できました。(^-^)

とあるように、このノートはMoleskinの方眼ノートとガチです。
サイズ、様式・・・そして、見た目(笑)。将にMoeskinのど本命ライヴァル!
国産だけあって紙質も作りもしっかりしています。
そして何より、安い!
・・・Moleskinに憧れた僕に常に立ちはだかっていた「コスト」の壁をこともなげに超えさせてくれた「EDC Pocket NoteBook Section」というか、この品質、ページ数で315円はコストパフォーマンスが良すぎる。ちなみにedc社の販売サイトに行けばカバーも買えます。
■用途
詳しくは今後まとめ記事を書くつもりですが、このポケットサイズノートはこれまで下記用途で使っていたアイテムを統合と、ユビキタスキャプチャを効率よく行うために使用します。(過去の使い分けはこちらこちら
RHODIA→思いついた事、言われた事などのメモ用
A5ノート→アイデアマラソン、思いついたことをふくらませる用

イメージとしては「情報は一冊のノートにまとめなさい」のA6ノート的な使い方。発想も、メモも、思考も、感情記録も、落書きも、blogの下書きも、プライベートでやってる開発も・・・何でもかんでもここに書き込みます。Evernoteにインデックスだけ作るか、Jotnotで1ページずつキャプチャして完全同期するかは悩み中。折衷案で資料として参照したいメモだけevernoteに入れるというのも手。
ただし、残す必要のなさそうなチョイメモについてはPOST ITに記載して終わったらポイします。
IMG_0615.JPG
■このノートにしようと思った理由
理由①
前の記事にも書いたのですが、iPhone+Evernoteを導入したことで、メモ帳としてのRHODIAの存在がかなり薄れていました。また、A5ノートに関しても、フランクリン・プランナーのデイリーとEvernoteによってその存在意義を薄めていました。それなら、アイデア発想~広げるところまで一冊のノートで出来た方が便利だなと考えた訳です。
理由②
元々Moleskinが好きだったのと、mehoriさんが主催するLifehacking.jpの下記記事を読んで「ユビキタスキャプチャをやりたい!それ用にMoleskinが欲しい!」と強烈に思っていました。(ユビキタスキャプチャをするには、RHODIAは小さすぎ、A5ノートは大きすぎた)
それでも、君はそれすら忘れるだろう
「全てを手帳に記録する」、ユビキタス・キャプチャーの実践

ただ、iPhone、RHODIA、A5ノート、フランクリン・プランナーにMoleskinを加えるというのはあまり現実的ではないため、もう少し各々の役割を見直してみようと思い、思案していました。その結果、来年からはほぼ日カズン(母艦)、re-collection(ユビキタス)、iPhone(evernote+twitter)の体制で行くことにしたわけです。(詳しくは次回!)
■使い方例
IMG_0614.JPG
EDC Pocket NoteBook SectionとJetstrea4+1の図。凛々しい!
表紙がそれなりに厚手なので、クリップで挟んでやっています。
この2つの相性はなかなか良いようで、書きやすく、裏写りもありません。

IMG_0612.JPG
書き出しは「アイデアマラソン」「情報は一冊のノート」と似た感じで見出し+日付+通し番号です。アイデアマラソンの様に+-は付けていません。基本、アイデアは1ネタ1ページで、ちょっと一杯書きそうかなと思ったら見開き2ページを使います。ユビキタスキャプチャや思いつきメモはあまり深く考えずに半ページだったり、ブレストページ(1ページに思いついたことを1,2行でひたすら列挙)と柔軟にスペースを活用しています。
IMG_0587.JPG
今は母艦にフランクリン・プランナーを使っていますが、来年からほぼ日手帳に切り替えます。フランクリン・プランナー自体はミッションステートメント/目標/価値観などの情報だけ残し、クマガイ式で言うところの夢手帳として家に置いておく予定。自分という人間が生き、成長して行く中で、この手帳自体も進化させて行ければと考えています。
参考リンク:
さんてんり~だ:MOLESKINEのライヴァル達(27) edc re-Collection Pocket & Cover(1)
etrangerdicostarica.biz
過去参考記事:
新・手帳、ノート、メモ(そしてiPhone)の使い分けについて真剣に考える
日々記録すべき情報とその管理について②-記録すべき情報の分類と書き分けについて
スリムノート導入!(メモ/ノート術のススメ)

▼この記事をシェアする


▼このブログの更新情報を受け取る
Facebookページをチェック
-AD-

Post your thoughts