「iPhone 3G S」もiPhone for everybodyキャンペーン適用らしく。


朝書いた記事では

価格はApple発表で32GB 299ドル16GB 199ドル。恐らくSoftbank的には32GBで月々3,280円月月割り2,000円実質負担額1,280円(24ヶ月で30,720円)あたりで手を打ってくるんではないかと思う(もしくは3480円/月ぐらい??)

なんていってたけど、ふたを開けてみるとiPhone for everybodyキャンペーンが適用とかで
iPhone 3G S 16GB 480円/月 (11,520円)
iPhone 3G S 32GB 960円/月 (23,040円)

とかなんとか。23,040円ってあたりにAndroidケータイ「HT-03A」を意識したのかなと勘ぐってみたり。まぁ、かなり戦略的な値付け(多分、Softbankの持ち出し分が多い)だなぁっと。で、以前iPhone for everybodyキャンペーンの記事を書いたときに試算した式にこいつを当てはめてみると・・・
ホワイト          980円
パケット定額       4,410円
S!ベーシックパック   300円
端末代金        980円
合計         6670円+通話料
ちなみに、税別表記ですヨ。ぶっちゃけ彼女(家族割)としか通話しないから、Wホワイト不要なので最小構成にしてみた。通話料が少々掛かったとしても、概ね8000円程度に収まるんじゃないかなと。まぁ、そこそこにケータイを使っている人なら、それほど高いとは感じない程度の値段設定ではなかろうかと。まずアリエナイと思うけど、パケット通信を極力やらなければパケ代1,029円で済むので、3,289円から持てる計算。
ってなことで、製品そのものは概ね予想通り(というか、前評判通り)だったのだけど、iPhoneの在庫一掃セールと思われていたiPhone for everybodyキャンペーンの適用は完全に”予想外”でした。うーん、こりゃ、思った以上に発売直後は手に入らないカモだな(^^;

▼この記事をシェアする


▼このブログの更新情報を受け取る
Facebookページをチェック
-AD-

Post your thoughts