MacBook Pro (13-inch Retina Late 2013)には土屋鞄「Plota 防水ファスナーショルダー」がピッタリだという結論に至った

昨年末にMacBook Pro (13-inch Retina Late 2013)を購入してから、持ち運び様の鞄を探していたのだけど、なかなかグッとくるものに出会えずに既に2ヶ月が経過。もう適当にサイズがあうやつを買うかなーと諦めかけていたところ、遂に自分的にグッとくる鞄に出会うことができました。

出会ったのは土屋鞄「Plota 防水ファスナーショルダー」という鞄。

by カエレバ

土屋鞄と言えば、職人による手作りのオリジナル革製品を製造販売する、古き良き日本のものづくりを大切にしている会社です。職人の手作り革製品は決して安い買い物ではありませんが、手に取ってみればそれだけの価値がある素晴らしい製品だと一目で分かります。是非一度、お店に足を運んでみださい。

■Plota 防水ファスナーショルダーのご紹介

ということで、今回購入した「Plota 防水ファスナーショルダー」を簡単に紹介したいと思います。なんだか、とても高そうな紙袋と箱に入っていました。

IMG 7392 IMG 7394

鞄の表はこんな感じのデザインです。

IMG 7397

 概ねA4クリアファイルより一回り大きい位のサイズです。詳細なスペックを見てみると・・・

サイズ

外寸=縦26×横34×最大マチ9cm
底マチ6cm 
口マチ6cm
内寸=深さ25×横32×底マチ6.5cm
ショルダー=幅4cm 
最長145cm 
最短81cm A4クリアファイル収納可

重さ

約930g

素材

本体=防水ファインレザー
内装=綿オックス100%
金具 ニッケル

機能

内装=ベロ付きポケット×1、ポケット中×1、
  マチ付きポケット小×1、ファスナー付きフロントポケット×1
外装=バックポケット×1

とまぁ、革製品に金具という仕様なので決して軽い方ではありませんが、ショルダーバッグなので、肩から掛ければさほど重さは気になりません。むしろ、鞄がA4サイズの書類が丁度入るサイズということもあって、容積はそれほど大きくは無く、鞄いっぱいに荷物を詰めたとしても”たかが知れている”という感じでした。

IMG 7398 IMG 7399

置く行きも底マチ、口マチ共に6cmということもあり、MacBookProを入れて、ほぼ日手帳を入れて、本を入れるとだいたいスペースを使い切ってしまう感じです。

IMG 7409

内ポケットは3つ付いていて、それぞれスマホ、メモ帳、B5ノートがすっぽり入るサイズ感です。結構イマドキの鞄事情を考えられた作りで使いやすそう。

IMG 7404 IMG 7406

サイズ的には13インチのMacBookProが丁度すっぽり入るぐらいなので、インナーケースを買うなら結構薄手のモノを選ばないと厳しそうです。ベックの場合は、13インチのMacBookProとその付属品、ほぼ日カズン、本1,2冊、ノート、メモ帳、筆箱を持ち歩ければいいので、容積的には”丁度良い”位かなと。

IMG 7410

フロントファスナーポケットはB5サイズが入る位なので、本やらメモ帳やらさっと取り出したいものを入れておくと使いやすいかも知れません。

IMG 7412

背面ポケットはA4サイズの薄手の書類なら入るかなーと言う感じです。パンフレットとかポストに投函するA4サイズの封筒とかをとりあえず差して持ち運ぶ時とかにこういうスペースは意外に便利だったりします。

IMG 7401 IMG 7407

主にパソコンやペーパーアイテムを入れて持ち運ぶ鞄なので、防水レザーは無茶苦茶ありがたいです。ファスナー部も防水加工されていると思うのですが、フラップが付いているのでファスナー部が直接むき出しにならないのもGoodです。

13インチのノートPCはほぼA4サイズなので、こういうA4サイズピッタリの鞄というのは非常に使い勝手が良く、更に防水という点も精密機械を持ち運ぶ鞄としての魅力を高めてくれます。

個人的にはデザインも凄く気に入っていて、防水やサイズはさておき、見た目にまず惚れ込んだというのが実の所です。実物を触ってみて、皮が防水レザーだとは思えないぐらい柔らかく、触り心地が良かったというのも決め手ですね。

■良い物を長く使うという消費スタイル

ということで、13インチのノートPCを持ち運ぶコンパクトな鞄をお探しの方であれば、文句なしに土屋鞄「Plota 防水ファスナーショルダー」はお奨めです。

また、土屋鞄の店員さんが「長くお使い頂く中で、修理や補修が必要になれば、弊社の職人が当たらせて頂きます。」と言っていたのがすごく印象的で、あー、この会社って、商品を売ったらハイおしまいじゃなくて、買ってからが付き合いの始まりだって考えているんだなぁと少し感動してしまいました。

お値段は45,000円と決して安くはありませんが、冒頭でも述べた通り、日本の職人さんがひとつひとつ手作りしている高品質な革製品ですし、今後のアフターフォローも含めて考えれば決して高い買い物ではないんだなと、妙に納得してしまいました。

本当に気に入ったものを、長く使っていくという消費スタイルを取ろうとしたときに、末永くつきあっていける会社の物を選ぶことも大事だと思った日曜の昼下がりでした。

興味を持たれた方は、是非一度土屋鞄のお店に足を運んでみて下さい。

鞄の熟練職人が作る革鞄の工房 / 土屋鞄製造所
土屋鞄製造所 (楽天市場店)

by カエレバ

過去の鞄記事


MacBookAirにピッタリのショルダーバッグをゲット! | Hacks for Creative Life!
MacbookAirを購入して以来、常に探し求めていたピッタリ入るショルダーバッグ。 遂に求める要件を全て満たす、最高のバッグを手に入れることができたので紹介させていただきます! バッグはMade …
MBA 11インチはOrobiancoでした

▼この記事をシェアする


▼このブログの更新情報を受け取る
Facebookページをチェック
-AD-

Post your thoughts