Googleカレンダーの「行動計画表」にTogglから実績値を放り込む

またその内Toggl自身の説明を詳しく書きたいと思いますが・・
色々タイムロガーツールの変遷があって、今はTogglに戻ってきています。

で、なんとなくTogglのPro版を使用してみると・・なんとiCal形式ではき出せるじゃないかと。

つまり、Googleカレンダーに作った「行動計画表」に対して

Google カレンダー

この通り、実績値が放り込めてしまう訳です。

Google カレンダー 1

ごちゃごちゃしてて見づらいな・・と思われるかもしれませんが、1日のビューで見るとこれがなかなか見やすかったりします。左が予定で右が実績ですな。ただし、カレンダー名称が「プロジェクト」で表示されてしまうのが難点。

Google カレンダー 2

まぁ、カレンダーの詳細を見れば具体的に何やってたかは解るんだけどね。

Google カレンダー 3

ちなみに、Pro版は30日無料でトライアルできるので、是非試してみて下さい。

月$5払ってまで欲しい機能かと言われればちょっと疑問ではあるのだけど・・w

Toggl

ちなみに、Togglに戻した理由としては

  • デスクトップアプリやiPhoneアプリの動作が大分安定してきた
  • なんだかんだでタイマーを動かしてからフリー入力が便利
  • 後から修正したり追加したりというのも簡単にできる
  • レポート画面を直接EVERNOTEクリップすると綺麗(thanks junさん

で、Proにするとプロジェクト配下にタスクを組み込めたり、iCalで出せたりといった機能も使えて尚クールな訳ですな。(高価なので使い続けるかはすこぶる怪しいけど、暫くは運用する予定)

 

僕のtoggl運用法はもう少し落ち着いたらまとめてみます。やはり、なんだかんだでいつでもどこでも使えてつぶしの効くインターフェースであるTogglが個人的には最強・・なんだろうな。

Googleカレンダーの「行動計画表」を元に「時間のポートフォリオ」を組み直すーアシタノ・ハックス第6回
前回、予定とタスクの両方を配置することによって構築された「行動計画表」なるもので「時間」の見える化を行いました。今回はこの行動計画表を用いて「時間のポートフォリオ」を組み替えてみましょう …
行動計画表についてはこちらに詳しく書いてます
▼この記事をシェアする


▼このブログの更新情報を受け取る
Facebookページをチェック
-AD-

Post your thoughts